今年殿堂入りを果たした軽量級レジェンドのユライア・フェイバー「良い話があれば現役に復帰する可能性は十分にある。その為にUSADAのドーピング検査を受け続けている。」


今年殿堂入りを果たした軽量級レジェンドのユライア・フェイバー。昨年12月のブラッド・ピケット戦での勝利を最後に引退を決意し、現在はジムの運営やグラップリングマッチへの出場などに勤しんでいるはずですが、復帰について「良い話があれば現役に復帰する可能性は十分にある。その為にUSADAのドーピング検査を受け続けている。」とコメントしています。

「復帰は絶対ないとは言い切れない。俺は今でも世界王者をはじめとしたトップレベルのファイター達とトレーニングを積んでいるしコンディションも最高だ。特にグラップリングの分野では以前よりも大分上達したと感じている。

それにビッグファイトの機会を逃したくないから、USADAのドーピングテストは引き続き受けている。良いオファーがあれば直ぐにでも戦うことが出来る。」

どうせなら日本に来て欲しい。

http://www.mmanews.com/urijah-faber-on-ufc-return-i-would-never-count-it-out/
今年殿堂入りを果たした軽量級レジェンドのユライア・フェイバー「良い話があれば現役に復帰する可能性は十分にある。その為にUSADAのドーピング検査を受け続けている。」 今年殿堂入りを果たした軽量級レジェンドのユライア・フェイバー「良い話があれば現役に復帰する可能性は十分にある。その為にUSADAのドーピング検査を受け続けている。」 Reviewed by Hideki Azul on 8/02/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.