今回カネロに118-110と付けたAdelaide Byrdさんは以前から最悪なジャッジとして名高い人でよく他の2人のジャッジと正反対の点数をつける事で知られMMAからもボクシング業界からも嫌われている人です。


期待されていたスーパーファイトは残念ながら引き分けに終わってしまいましたが、今回カネロ・アルバレスに118-110と付けたAdelaide Byrdさんは以前から最悪なジャッジとして名高い人。

他の2人のジャッジと正反対の点数をつける事でよく知られMMAからもボクシング業界からも嫌われている人でした。

なぜMMAとボクシングの両方でジャッジをしているのかは謎ですが、そもそもなぜこんな評判の悪い人が選ばれたのか。

ちなみに彼女を解雇してくれと嘆願するFacebookページまで存在します。

コミッションが変なジャッジを入れる事を期待し、僅差の判定に持ち込みリマッチを狙っていたんでしょうか?
(あくまで個人の感想です。)


最近ではUFC202、UFC200に登場するなど昨年はMMAで22試合を裁いています。

またボクシングでは、今年だけで23試合を裁いており、今年5月のカネロ vs チャベス・ジュニア戦や昨年のワシル・ロマチェンコ vs ニコラス・ウォータース、ノニト・ドネア vs ヘスス・マグダレノ戦でもジャッジを務めています。

コミッションの評価は(ある意味)高いのでしょうか?

謎です。
今回カネロに118-110と付けたAdelaide Byrdさんは以前から最悪なジャッジとして名高い人でよく他の2人のジャッジと正反対の点数をつける事で知られMMAからもボクシング業界からも嫌われている人です。 今回カネロに118-110と付けたAdelaide Byrdさんは以前から最悪なジャッジとして名高い人でよく他の2人のジャッジと正反対の点数をつける事で知られMMAからもボクシング業界からも嫌われている人です。 Reviewed by Hideki Azul on 9/17/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.