これまで18戦戦っているジャスティン・ゲイジーですが、その殆どの試合で視界がクリアでないまま戦っていたようです。


これまで18戦戦っているジャスティン・ゲイジーですが、その殆どの試合で視界がクリアでないまま戦っていたようです。

しかし昨年UFCデビュー戦を前にようやく屈折矯正手術をおこなったようです。

これがよく打撃を貰う原因だったのでしょうか?

といってもUFCデビュー戦となったマイケル・ジョンソン戦でも結構打撃を貰っていましたが。

「昔は殆ど視界がない状態だった。片方は0.3でもう片方は0.1という状態だった。それに加えて片方が遠視、もう片方は近視だったから昨年眼の手術をする事を決意した。」

http://www.huffingtonpost.com/entry/59a7581be4b02498834a8e9e
これまで18戦戦っているジャスティン・ゲイジーですが、その殆どの試合で視界がクリアでないまま戦っていたようです。 これまで18戦戦っているジャスティン・ゲイジーですが、その殆どの試合で視界がクリアでないまま戦っていたようです。 Reviewed by Hideki Azul on 9/04/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.