ジョン・ジョーンズのBサンプルの結果がAサンプルと同様の結果を示す。最大で4年間の出場停止処分の可能性


UFC214のドーピング検査でステロイドの陽性反応を示していたジョン・ジョーンズのBサンプルの結果が明らかになり、Bサンプルでも同様の陽性反応を示していた事が明らかにされました。

ジョーンズはAサンプルで陽性反応が明らかにされると、意図してステロイドを摂取していないことを声高にアピールしていましたが、このBサンプルの結果を受けて、ジョーンズは聴聞会で自身の身の潔白を証明して行くことになります。

早ければ来月にも開始されるようです。

Bサンプルの結果、ジョーンズはステロイドを摂取して試合に臨んでいた事になり、試合自体はノーコンテスト裁定に変更されるものと思われます。

また今回で2度目のドーピング違反となるので最大で4年間の出場停止処分を科せられる可能性があります。

http://www.espn.com/mma/story/_/id/20687157/jon-jones-b-sample-confirms-failed-drug-test-ufc-214
ジョン・ジョーンズのBサンプルの結果がAサンプルと同様の結果を示す。最大で4年間の出場停止処分の可能性 ジョン・ジョーンズのBサンプルの結果がAサンプルと同様の結果を示す。最大で4年間の出場停止処分の可能性 Reviewed by Hideki Azul on 9/13/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.