コナー・マクレガーのヘッドコーチ「もし俺に決定権があるのならネイト・ディアスとのトリロジーは聖パトリックの祝日に開催したい」


世紀の一戦フロイド・メイウェザー戦を終えて、次戦では2016年11月以来のUFC復帰が見込まれるコナー・マクレガー。

かねてから復帰戦の相手としては2度戦っているネイト・ディアスの名前が挙がっていますが、コナーのヘッドコーチであるジョン・カバナは、もし彼に決定権があるのであれば、ディアスとのトリロジーを聖パトリックの祝日に開催したい意向を持っている事を明らかにしました。

「もし俺に決定権があるのなら、ただこれはあくまで個人的な意見だと強調させてもらうが、ネイト・ディアスとのトリロジーを3月の聖パトリックの祝日に開催したいと思っている。

聖パトリックの祝日にニューヨークでトリロジーと考えただけでとてもワクワクする。コナーらには明日会う予定で、一応俺の考えを伝えるつもりだが、俺の発言がコナーの決断に影響する可能性は0.1%くらいだ。」

また未だにベルトを防衛していない事については、

「俺がコナーが次に戦うのはネイトだと言うと、多くの人はハビブ・ヌルマゴメドフの事はどうなっただとか、トニー・ファーガソンやケビン・リーとは戦わないのかという声を多く聞く。

ただ今のコナーはすでに2階級制覇していてこれ以上証明する必要はない。彼は今自分が一番楽しめる相手と戦う事だけにフォーカスしている。彼の興味はビッグファイトだけだ。」

https://www.bloodyelbow.com/2017/9/27/16376922/ufc-conor-mcgregor-nate-diaz-trilogy-john-kavanagh-st-patricks-day-2018-new-york-mma-news
コナー・マクレガーのヘッドコーチ「もし俺に決定権があるのならネイト・ディアスとのトリロジーは聖パトリックの祝日に開催したい」 コナー・マクレガーのヘッドコーチ「もし俺に決定権があるのならネイト・ディアスとのトリロジーは聖パトリックの祝日に開催したい」 Reviewed by Hideki Azul on 9/28/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.