ミーシャ・テイトがMMAファイターのマネージメント会社を設立


2016年11月のUFC 205で女子バンタム級8位のラケル・ペニントンに敗れ引退を表明した元UFC女子バンタム級王者のミーシャ・テイトが新たにMMAファイターのマネージメント会社「AO8 Management」を設立した事を明らかにしました。

設立に至った経緯について

「プロとしての活動を始めた当初、ファイターとして活動する事がどれ程タフだったかを覚えている。私には良いマネージメント、最悪なマネージメントの両面を経験してきたから、その経験を活かしてファイターの生活がより良いものになるようにサポートしていきたいと思っている。」

所属選手

現在契約を締結したファイターには、

・ジーナ・マザニー
・シンディ・ダンドイス
・グスタボ・ロペス

らの他にボクシング5階級制覇チャンピオンで女子フライ級でMMAデビューを目指しているアマンダ・セラノがいます。

http://www.mmanews.com/miesha-tate-explains-why-she-became-an-mma-manager/
ミーシャ・テイトがMMAファイターのマネージメント会社を設立 ミーシャ・テイトがMMAファイターのマネージメント会社を設立 Reviewed by Hideki Azul on 9/02/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.