関根"シュレック"秀樹が今週末のONE Fighting Championshipジャカルタ大会で2009年にボブ・サップと対戦している元キックボクシングの世界王者アラン・ンガラニと対戦


今週末に開催されるONE Fighting Championshipジャカルタ大会で2度目のOne参戦となる関根"シュレック"秀樹。最近では巌流島への参戦で有名です。

Sherdog上のMMA戦績は7勝1敗。そしてこの唯一の敗戦がOne出場時の敗戦となっています。

「あの敗戦から打撃に対する意識が変わった。」

ブランドン・ヴェラが保持するONEヘビー級ベルトを懸けた戦いに臨んだ関根は1ラウンドTKO負けを喫してしまいました。

「開始早々ハイキックを喰らい、左目の視界を失ってしまい距離感が分からないまま戦う事になってしまった。」

ヴェラはプレッシャーを掛け続け何度かクリンチからの膝の攻撃を仕掛けた後、パワーキックで関根を後退りさせ、最終的に左のハイキックでノックダウンを奪い、そこからパウンドでTKO勝ちを収めています。



ヴェラはこの試合について

「試合の映像を見て研究してきたからヒデキがグラウンドでゲームを進めたいのは知っていた。俺が見た全ての試合で試合はグラウンドで進められていた。彼はグラップリングの世界で世界最高峰のファイター達と競い合っている。彼がどういった戦術で来るのかはわかっていた。

だから彼とはしっかりと距離を取って戦うようにしていた。直ぐに距離を詰めなかったのは彼のグラップリングを警戒していたからだ。」


一方の関根はこの試合について

「彼が疲れた頃を狙ってグラウンドに誘い込みそこで勝負をする予定だったが、彼は全く疲れをみせなかった。」

負けはしたものの直ぐに立ち直り1か月後には筋力トレーニングを、2か月後には柔術のトレーニングに復帰していた関根。

またこの間アジア/オセアニアのADCC予選99Kgに出場し見事世界大会への出場を勝ち取っています。

さらに巌流島では2試合に出場し、2試合とも勝利を挙げています。

「警察を辞めプロの格闘家として生きていくことを決めた。マーシャルアーツは自分を色々な事と結びつくてくれる。格闘技を通して多くの友人にも恵まれたし、格闘技は生き方を教えてくれた。そんな格闘技に生涯身を捧げる事が出来るなんてとても幸せだ。」

9か月振りとなるONE復帰戦ではカメルーン出身でキックボクシングで何度も世界チャンピオンに輝いているアラン・ンガラニとの対戦が決まっています。

ちなみにンガラニは2009年にボブ・サップと対戦しており3ラウンド判定勝ちを果たしています。

「打撃で彼をノックダウンしてグラウンドで極めるつもりだ。判定勝ちではなく彼をフィニッシュしたい。良い勝ち方を続け、いつかヴェラにリベンジを果たしたい。」



相手が急に大人しくなる巡査部長時代

私もこれで関根選手を知りました。

https://onefc.com/articles/hideki-sekine-learned-a-hard-lesson-from-his-world-title-challenge/
関根"シュレック"秀樹が今週末のONE Fighting Championshipジャカルタ大会で2009年にボブ・サップと対戦している元キックボクシングの世界王者アラン・ンガラニと対戦 関根"シュレック"秀樹が今週末のONE Fighting Championshipジャカルタ大会で2009年にボブ・サップと対戦している元キックボクシングの世界王者アラン・ンガラニと対戦 Reviewed by Hideki Azul on 9/12/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.