アル・アイアキンタ「ケビン・リーは必死にコナーの様に振舞っている。もしそんな彼が本物と戦う事になればとても奇妙な一戦になるだろう。 最近の彼は自分を見失っている。フェイクという言葉がお似合いだ。」


2104年にケビン・リーを倒しているアル・アイアキンタは、リーは挑戦者に相応しくないと考えているようです。

「ケビン・リーよりも挑戦者に相応しいファイターは何人もいる。彼はたまたまトニー・ファーガソンがFOX解説者として出演している大会に出場した事で、彼らの間でドラマが生まれ今回挑戦者になる事が出来たと思っている。

ケビン・リーは体格も大きくレスラーとしては優秀かもしれないが、打撃に関しては疑問だ。彼の動きは硬い。」

もしリーが暫定王者になれば正規王者のコナー・マクレガーとの試合の可能性が高まりますが、この点についてアルは、

「リーは必死にコナーの様に振舞っている。そんな彼が本物と戦う事になるなんて、とても奇妙な一戦になるだろう。笑いが止まらなくなってしまうかもしれない。

最近の彼をみると彼は誰かになりきろうと必死だ。自分を見失っている。フェイクという言葉がお似合いだ。」

https://www.mmafighting.com/2017/10/1/16331660/al-iaquinta-a-lot-of-other-people-should-have-gotten-title-shot-over-fake-kevin-lee
アル・アイアキンタ「ケビン・リーは必死にコナーの様に振舞っている。もしそんな彼が本物と戦う事になればとても奇妙な一戦になるだろう。 最近の彼は自分を見失っている。フェイクという言葉がお似合いだ。」 アル・アイアキンタ「ケビン・リーは必死にコナーの様に振舞っている。もしそんな彼が本物と戦う事になればとても奇妙な一戦になるだろう。 最近の彼は自分を見失っている。フェイクという言葉がお似合いだ。」 Reviewed by Hideki Azul on 10/02/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.