トニー・ファーガソン「デメトリアス・ジョンソン戦がセミファイナルだと聞いたときはブチ切れた。ランキングなんてどうでもいい証拠だ。」


UFC216のメインイベントで行われるライト級暫定王座決定戦。

この大会ではデメトリアス・ジョンソンのベルト防衛新記録がかかる大会となる為、一部ではDJ戦がメインになるのではと噂されていましたが、ふたを開けてみればライト級暫定王座決定戦がメインで、DJ戦はセミファイナルで行われる事になりました。

多くの人がこの決断に怒りを表しましたが、メインに出場するトニー・ファーガソンもそのうちの一人の様です。

「正直言ってかなりブチ切れてしまった。俺はデメトリアス・ジョンソンに対して手紙を書こうかと思ったくらいだ。彼の気持ちは痛いほどわかる。それに俺は(メインイベントだろうが)PPV収入があるというわけでもない。別に俺の試合はメインでなくても構わないんはずだ。

だからって俺がメインイベントに値しないファイターだといっているわけではない。俺は常にファンを喜ばせるような試合をしているしメインに値するファイターだと思っている。

俺が言いたいのはUFCはランキングを軽視しているという事だ。」

https://www.mmafighting.com/2017/10/3/16382598/tony-ferguson-says-he-was-upset-learning-demetrious-johnson-wouldnt-be-ufc-216-headliner
トニー・ファーガソン「デメトリアス・ジョンソン戦がセミファイナルだと聞いたときはブチ切れた。ランキングなんてどうでもいい証拠だ。」 トニー・ファーガソン「デメトリアス・ジョンソン戦がセミファイナルだと聞いたときはブチ切れた。ランキングなんてどうでもいい証拠だ。」 Reviewed by Hideki Azul on 10/04/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.