ジェシカ・アンドラージ「UFCポーランド大会でのカロリーナ・コバケビッチは期待外れだった。彼女が相手をしたのはUFCに参戦して間もないファイターだから当然ノックアウトで終わるものだと思っていた。もう少し相手を倒してやるという姿勢を見せるべきだ。」


UFC日本大会でファイト・オブ・ザ・ナイトの試合をやってのけたUFC女子ストロー級1位のジェシカ・アンドラージ。

これでストロー級に転向後4勝1敗。そのうち3試合でファイト・オブ・ザ・ナイト、またはパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを獲得しています。

そんな名勝負製造機といも言えるアンドラージですが、UFC日本大会では絶対に負けれられない理由があったようです。

まず一つ目が、再びタイトルマッチを戦うためにもここで星を落としてタイトル戦線からの離脱は避けたかった事、そしてもう一つが、前回ベルトに届かなかった理由はブラジルでトレーニングを続けている事ではないかとの批判があった為、この批判を覆すためにも負ける事は許されなかったようです。

そして見事ストロー級2位のクラウディア・ガデーリャを相手に勝利を収めたアンドラージは、次の目標として同級3位のカロリーナ・コバケビッチに照準を合わせているようです。

「今はカロリーナ・コバケビッチとの試合を考えている。これからタイトルコンテンダーをひとりづつ倒していかなければならない。カロリーナとの試合は私にとって現状最高のマッチアップだし、前回の試合で彼女はそれほどダメージを受けていないから彼女はおそらく直ぐにでも戦う事が出来るだろう。

ただUFCポーランド大会でのカロリーナには期待外れだった。彼女が相手をしたのはUFCに参戦して間もないファイターでカロリーナ自身はトップ5ファイターだから、当然試合はノックアウトで終わるものだと思っていたし、もう少し相手を倒してやるという姿勢を見せるべきだった。」

https://www.flocombat.com/articles/6022390-jessica-andrade-calls-out-karolina-kowalkiewicz-for-next-fight
ジェシカ・アンドラージ「UFCポーランド大会でのカロリーナ・コバケビッチは期待外れだった。彼女が相手をしたのはUFCに参戦して間もないファイターだから当然ノックアウトで終わるものだと思っていた。もう少し相手を倒してやるという姿勢を見せるべきだ。」 ジェシカ・アンドラージ「UFCポーランド大会でのカロリーナ・コバケビッチは期待外れだった。彼女が相手をしたのはUFCに参戦して間もないファイターだから当然ノックアウトで終わるものだと思っていた。もう少し相手を倒してやるという姿勢を見せるべきだ。」 Reviewed by Hideki Azul on 10/28/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.