加重暴行の罪で逮捕されていたヴォルカン・オーズデミア 殴った相手はなんと14分間も意識がない状態だったようです。


次期ライトヘビー級の有力タイトルコンテンダーであるヴォルカン・オーズデミアですが、そのタイトル挑戦は夢のまた夢となりそうです。

最悪UFCからの解雇もありえるかもしれません。

先週末、バーでの喧嘩の末、相手に重傷を負わして加重暴行の罪で逮捕されたオーズデミア。

そしてその被害者はなんと14分間も意識が飛んでいた状態だったようです。

被害者は直ぐに病院へ搬送されたものの、そこで脳震盪や体中に数々の創傷が確認されたようです。

オーズデミアは少なくとも2人をノックアウトしたとして現在捜査が続けられています。

しかしオーズデミアの弁護士はノックアウトした件を否定。

UFCはこの件に関して注意深く状況を見守っていくとコメントしています。

https://www.mmafighting.com/2017/11/20/16682450/alleged-battery-victim-claims-he-needed-staples-concussion-symptoms-treatment-volkan-oezdemir-punch
加重暴行の罪で逮捕されていたヴォルカン・オーズデミア 殴った相手はなんと14分間も意識がない状態だったようです。 加重暴行の罪で逮捕されていたヴォルカン・オーズデミア 殴った相手はなんと14分間も意識がない状態だったようです。 Reviewed by Hideki Azul on 11/21/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.