コナー・マクレガー「俺はメガファイトをこなしたばかりだから、UFCからのオファーはかなり魅力的でないといけない。UFCの株式が欲しいしパートナー契約を締結したい。俺はただの所属ファイターではなくプロモーターでもありたい。」


先日UFCライト級暫定王者のトニー・ファーガソンとの統一戦が復帰戦となる事を明らかにしていた正規王者のコナー・マクレガ―ですが、ダブリンで開催された自身のドキュメンタリー映画「Notorious」のプレミアの質疑応答の席では、復帰戦がボクシングになるかMMAになるかは交渉次第な事を明らかにしています。

「今はUFCと交渉中だ。ボクシングも含めて復帰戦の相手としては何人か候補がいる。交渉次第になるだろう。」

またその肝心の交渉内容について、マクレガーは以前からUFCの共同オーナーになりたいと強く要求していますが、フロイド・メイウェザー戦を開催するにあたって、UFCはマクレガー・プロモーションとパートナー契約を締結し開催に至っていました。

その為復帰戦にあたっては、UFC所属のファイターとして戦うのではなく、UFCとパートナー契約を締結したうえで戦いたい希望を持っているようです。

「俺はメガファイトをこなしたばかりだから、UFCからのオファーはかなり魅力的でないといけない。UFCの株式が欲しいしパートナー契約を締結したい。俺はただの所属ファイターではなくプロモーターでもありたい。前回の試合ではプロモーターでもあった。今後もそうでなければならない。」

https://www.mmafighting.com/2017/11/1/16595994/conor-mcgregor-i-have-to-be-partner-and-promoter-to-make-ufc-return
コナー・マクレガー「俺はメガファイトをこなしたばかりだから、UFCからのオファーはかなり魅力的でないといけない。UFCの株式が欲しいしパートナー契約を締結したい。俺はただの所属ファイターではなくプロモーターでもありたい。」  コナー・マクレガー「俺はメガファイトをこなしたばかりだから、UFCからのオファーはかなり魅力的でないといけない。UFCの株式が欲しいしパートナー契約を締結したい。俺はただの所属ファイターではなくプロモーターでもありたい。」 Reviewed by Hideki Azul on 11/02/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.