ジョルジュ・サン・ピエールが復帰戦の相手の判断基準について「俺は大金を稼ぎたいわけではない。ファイターとしての挑戦に重きを置いている。」


ジョルジュ・サン・ピエールがUFC復帰を明言

今週月曜日に放映されたMMA Hourの番組に登場したジョルジュ・サン・ピエールがライト級かウェルター級でUFCに復帰する可能性がある事を明言しました。

気になるのは復帰戦の相手についてですが、GSPはまずネイト・ディアスとタイロン・ウッドリーの名前を話題にしました。

ネイト・ディアスについて


「正直言ってネイトとの戦いには余り興味はない。俺はすでにニックを倒しているし、ファンは俺が勝つと思っているから、ネイトを倒したところで俺には何のメリットもない。ただ俺が負ければ俺は多くの事を失うだろう。俺にはリスクしかない試合だ。」

タイロン・ウッドリーについて


「何年か前はお互いに連絡を取り合っていたし彼と戦う事を検討していた事もあった。ただミドル級挑戦というアイディアが降って湧いてきた結果、この話はなくなった。タイロンは素晴らしいチャンピオンだとは思うが、俺はワンダーボーイ(スティーブン・トンプソン)が試合に勝利したと考えているし、前回の試合はとてもじゃないがいい試合とは言えなかった。彼が勝利した事には間違いはないが試合内容は素晴らしいとは言い難いものだった。」

また以前対戦経験のあるニック・ディアスについては、


「せっかく良い機会がありながらみすみす逃してしまっている。俺もインターネットで色々知ったが、ニックにはタイトルに挑戦するオファーもあったはずだ。今ニックと戦う事には何のメリットも感じない。既に彼を倒しているというのもあるが、彼はここ最近負けが続いている状況だ。それに彼はハイレベルなファイターだから、そんな状況で彼と戦う事はリスクしかない。ただもし彼がチャンピオンという立場ならリマッチはあり得る話だろう。」

コナー・マクレガーについて


「コナー・マクレガーにはカリスマ性があるし彼の知名度はMMAを知らない人でも彼の事を知っている程だ。コナーとの試合が一番お金を稼ぐ事が出来るというのは間違いないだろう。ただ俺がコナーに勝ったところでファイターとして俺は何も得る事はない。俺は大金を稼ぎたいわけではない。ファイターとしての挑戦に重きを置いている。」

ベン・アスクレンについて


「なぜベン・アスクレンがUFCに未だに参戦していないのかは疑問だ。俺は彼はウェルター級のトップファイターのうちのひとりだと思っている。もしかすると彼はデイナ・ホワイトとはそりが合わないのかもしれない。彼との対戦は自分のキャリアにとってとても価値のあるものとなるだろう。彼はUFC以外の団体のチャンピオンというチャンピオンを倒し続けている。彼はBellatorでもチャンピオンだった。ただ残念な事にデイナと上手くいかず彼の実力は過小評価されている。

現時点では彼との試合には興味はない。彼はまだ無名だからまずはUFCに参戦して名をあげて欲しい。俺は彼は現時点でUFCのトップ5ないしはトップ3ファイターだと思っている。」

https://www.mmafighting.com/2018/3/6/17083446/georges-st-pierre-talks-fights-against-conor-mcgregor-nate-nick-diaz-tyron-woodley-ben-askren
ジョルジュ・サン・ピエールが復帰戦の相手の判断基準について「俺は大金を稼ぎたいわけではない。ファイターとしての挑戦に重きを置いている。」 ジョルジュ・サン・ピエールが復帰戦の相手の判断基準について「俺は大金を稼ぎたいわけではない。ファイターとしての挑戦に重きを置いている。」 Reviewed by Hideki Azul on 3/08/2018 Rating: 5
Powered by Blogger.