堀口恭司「まだ正式なオファーはないが(次の試合は)RIZIN11でのキックボクシングマッチになる。日本の格闘技が盛り上がる為であればどんなチャレンジでも受けて立つ。」


Q. RIZIN10の試合後ファンやメディアから現フライ級王者のデメトリアス・ジョンソンとのリマッチを期待する声が挙がっていたが、

堀口

「RIZINが許可してくれる限りDJとリマッチをしてみたいという気持ちはある。」

石井マネージャー

「ただRIZINがというよりもUFCがどう堀口選手を評価しているのかが問題だ。RIZINは堀口選手に対して高い評価をしているがUFCは堀口選手がUFCを離脱する際にあまり良い評価をくれていなかった。」

Q. このまま勝ち続けて良いパフォーマンスをすればUFCの評価も変わるのではないか?

堀口

「その為に今日本に帰ってきたというのはある。」

Q. 堀口選手の次の予定は?

堀口

「日本の格闘技を盛り上げる為にキックボクシングの試合をする。」

石井マネージャー

「まだ正式なオファーはないがRIZIN11でのキックボクシングマッチになる。日本の格闘技が盛り上がる為であればどんなチャレンジでも受けて立つ。」

Q. キックボクシングで戦う事についてどう思っているのか、また誰と対戦するのか?

「対戦相手はまだ決まっていないがいつでもキックボクシングの試合が出来る状態だ。」

Q. キックボクシングの挑戦において違ったトレーニング方法や準備の仕方が必要になってくるがどう思うか?

堀口

「楽しみです。」

Q. 今後もキックボクシングを続けていくのか?

堀口

「キックボクシングへの挑戦はRIZIN限定です。」

Q. 1試合限定なのか、それとも複数試合を予定しているのか?

堀口

「おそらく今年はキックボクシングに挑戦するだろう。」

Q. キックボクシングトーナメントに参加するのか?

堀口

「おそらく(参加する事になるだろう。)」

Q. 大晦日の大会にも出場を希望だと思いますが今年はあと何試合試合をするつもりですか?

堀口

「3-4試合。」

石井マネージャー

「RIZIN11に9月、12月の大会、それに大晦日の大会がターゲットになるだろう。」

Q. どうすれば高いレベルの戦いをそんなハイペースで続ける事が出来るのですが?

堀口

「毎日修行僧の様にトレーニングしているからです。」

Q. キックボクシング戦に向けてアメリカのATTでトレーニングを積んでいくのかそれともしばらくは日本でトレーニングを続けていくのか?

堀口

「今はまだ検討しているところです。」

Q. 釣りをするのに適しているのは日本ですかそれともフロリダですか?

堀口

「車を使えるので日本です。」

石井マネージャー

「彼はフロリダでは自転車しかもっていない。」

https://www.youtube.com/watch?v=7-T9676TXSw
堀口恭司「まだ正式なオファーはないが(次の試合は)RIZIN11でのキックボクシングマッチになる。日本の格闘技が盛り上がる為であればどんなチャレンジでも受けて立つ。」 堀口恭司「まだ正式なオファーはないが(次の試合は)RIZIN11でのキックボクシングマッチになる。日本の格闘技が盛り上がる為であればどんなチャレンジでも受けて立つ。」 Reviewed by Hideki Azul on 5/11/2018 Rating: 5
Powered by Blogger.