20年以上に渡りノヴァウニオンのヘッドコーチを務めてきたアンドレ・ペデネイラスがヘッドコーチ職を辞職した事を明らかに


ブラジルの名門ジムのひとつであるノヴァウニオンのヘッドコーチとして長年に渡り世界チャンピオンを輩出してきたアンドレ・ペデネイラスがヘッドコーチとしての役目から降りる事を明らかにしました。

ノヴァウニオンでトレーニング経験があるファイター達

・ジョゼ・アルド
・ヘナン・バラオ
・エドゥアルド・ダンタス
・ジュシー・フォルミーガ
・BJペン
・ジュニオール・ドス・サントス
・ディエゴ・ヌネス
・クラウディア・ガデーリャ

「今日を持ってノヴァウニオンのヘッドコーチを辞める事にした。リーダーの役職から降りる事は我々がアッパーアリーナというトレーニングセンターを2年前にオープンした頃から考えていた事だ。

私はこのアッパーアリーナを所属ジムに関係なく様々なファイターがトレーニング出来る場所に、またブラジルで最高のトレーニングセンターにしたいと思っている。

これまで21年間に渡りノヴァウニオンでは数々の功績を収めてきた。これからは新しい目標に向かって頑張っていくつもりだ。

ただ今後もこのジムではファイターに対してトレーニングやアドバイスは変わらずに行っていく。

例えばもしユライア・フェイバーがここでのトレーニングを希望するなら彼とトレーニングをする事が可能だし、もしその事で他の所属ファイターのスペースを奪ってしまうのであれば時間を調整する事で解決出来るだろう。

私はどんなファイターであろうと彼らのサポートをしていきたい。それに今後は私のもとでトレーニングをしたからといって必ずしも彼らがノヴァウニオンを代表して戦う必要はない。」

今回ペデネイラスは突然リーダー職を辞任する事を発表しましたが、昨年末にノヴァウニオンは20年に渡り友好関係を築いていたMMA/柔術チームのキムラと縁を切っておりその際にノヴァウニオン内では組織再編が行われている事を明らかにしていました。

キムラはブラジルの人気MMA/柔術チームでバラオやフォルミーガ、ガデーリャらが試合に向けてこのキムラとノヴァウニオンとを行き来しながらトレーニングし、バラオやフォルミーガらはノヴァウニオンキムラとして戦っていました。

しかし昨年末の決定に先駆け昨夏には両方のチームを代表して戦う事は出来ない、どちらかのチームを選ばなければならないという取り決めがされていました。

昨年ペデネイラスはこの両者の別れについて

「彼らは素晴らしいタレントを供給し我々は知恵を供給していた。両者共に利害が一致しこれまで20年に渡り交流を深めてきた。

最後の最後まで抵抗したが残念ながらキムラとの関係を断ち切る事になってしまった。私にとってキムラはただのパートナーではなかった。ノヴァウニオンの一員だった。最後まで一緒にやっていきたいと抵抗したが残念ながら私の力の及ぶところではなかった。」

https://www.bjpenn.com/mma-news/andre-pederneiras/andre-pederneiras-steps-down-as-leader-of-brazils-renowned-nova-uniao-team/
20年以上に渡りノヴァウニオンのヘッドコーチを務めてきたアンドレ・ペデネイラスがヘッドコーチ職を辞職した事を明らかに 20年以上に渡りノヴァウニオンのヘッドコーチを務めてきたアンドレ・ペデネイラスがヘッドコーチ職を辞職した事を明らかに Reviewed by Hideki Azul on 7/01/2018 Rating: 5
Powered by Blogger.