コナー・マクレガー「ジョゼ・アルドがどれほど辛い経験をしてきたかわかっているつもりだ。彼や彼のコーチの事を思うととてもハッピーな気持ちになった。アイルランド中がジョゼ・アルドの戦いにハッピーな気持ちになっていた。」


当時絶対的な王者だったジョゼ・アルドを秒殺したコナー・マクレガー。

その後両者は対照的な道のりを歩んできました。

勝利したマクレガーはその後ライト級の王座も奪取し2階級同時制覇を達成。そしてその後はネイト・ディアスやボクシングレジェンドのフロイド・メイウェザー・ジュニアとのボクシングの試合でPPV記録を打ち立ててきました。

一方のアルドはというと、フランキー・エドガーとのフェザー級暫定王者決定戦で勝利を挙げた後は現フェザー級王者のマックス・ホロウェイとの統一戦、そしてリマッチ戦と2試合連続でTKO負けを喫していました。

誰もがアルドは終わったと思っていましたが、先日のUFCカルガリー大会でフェザー級ランキング4位のジェレミー・スティーブンスをボディーブローからのパウンドで1ラウンドTKO勝ちを収め復活を印象つけていました。

この戦いぶりにかつてのライバルのマクレガーはアルドの勝利は素直に嬉しく思うと率直な感想を述べています。

「とてもハッピーな気持ちになった。彼の試合後の感情の爆発をみて本当にハッピーな気持ちになった。とてもタフな業界だ。彼がどれほど辛い経験をしてきたかわかっているつもりだ。彼がそれらを乗り越えて再びノックアウト勝利を収めたことで彼や彼のコーチのアンドレ・ペデネイラスの事を思うととてもハッピーな気持ちになった。アイルランド中がジョゼ・アルドの戦いにハッピーな気持ちになっていた。」

https://mmajunkie.com/2018/07/conor-mcgregor-happy-jose-aldo-won-ufc-calgary
コナー・マクレガー「ジョゼ・アルドがどれほど辛い経験をしてきたかわかっているつもりだ。彼や彼のコーチの事を思うととてもハッピーな気持ちになった。アイルランド中がジョゼ・アルドの戦いにハッピーな気持ちになっていた。」 コナー・マクレガー「ジョゼ・アルドがどれほど辛い経験をしてきたかわかっているつもりだ。彼や彼のコーチの事を思うととてもハッピーな気持ちになった。アイルランド中がジョゼ・アルドの戦いにハッピーな気持ちになっていた。」 Reviewed by Hideki Azul on 8/01/2018 Rating: 5
Powered by Blogger.